-->

2010年06月19日

浜名湖でボート転覆、1人死亡=注意報の中、中学生体験訓練―19人は救出・静岡

<6月19日0時34分配信 時事通信>

 18日午後3時半ごろ、浜松市の浜名湖で、愛知県豊橋市の市立章南中学校(水野克昭校長)1年の男女18人と教諭2人が乗った手こぎボート(全長約7 メートル)が転覆した。全員が湖に投げ出され救出されたが、生徒の西野花菜さん(12)=同市杉山町=が死亡した。男女7人の生徒が軽傷で、病院に運ばれ手当てを受けた。

 現場付近は大雨や強風などの注意報が出ていた。ボートはロープで岸までえい航される途中に転覆したといい、静岡県警細江署は関係者らから事情を聴き、原因を詳しく調べる。

 運輸安全委員会は19日、調査官2人を現地に派遣する。
 同署や浜松市消防局によると、事故があったのは、同市北区三ケ日町佐久米の佐久米海岸沖約200メートルの湖上。西野さんは転覆したボートの下から見つかったが、既に心肺停止状態だった。乗っていた20人は全員救命胴衣を着ていた。

 静岡県教育委員会によると、章南中の1年生96人と教諭6人は17日から2泊3日の予定で、浜名湖沿いにある「県立三ケ日青年の家」(浜松市)で自然体験学習をしていた。

18日午後2時ごろ、青年の家の船着き場から生徒94人と教諭6人、青年の家の指導員2人が分乗し、カッターボートと呼ばれる手こぎのボート4隻で湖に出た。
 ボート訓練は2時間の予定だったが、うち1隻に乗った教諭が「生徒がひどい船酔いでこれ以上こげない」と無線で知らせてきたため、青年の家がモーターボートを出し、ロープでえい航中に転覆したという。

ニュースを見て、何度も過去にこのような過ちがあったなーと思い出す。
企画する人達(組織など)の知識不足と調査不足が要因が殆どである。
今回もスケジュール第一主義がメインで大人が消化するだけのことしか頭に無い感じがする。子供が犠牲になるだけ・・・
これだけの風速では無茶な行動であることは明白!





>>楽天ランキング1位の便利な、折れ脚伸長式テーブルの詳しい案内はコチラ!<<



引用記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100619-00000002-jij-soci 
posted by 骨盤ダイエット at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153737341

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。